うろたえるのは仕方ない。だが短時間にとどめるべき。

つぶやき

こんにちは

COVID-19問題。
どうなっていくんでしょうね?
緊急事態宣言を解除したのはいいけど、陽性者数は増加の一途をたどっています。
そうやすやすと我々人類は、ウイルスに勝たせてもらえませんね。

今現在まだ我々は未知のウイルスに対して勝利宣言は発せられていませんが、それでも日を追うごとにワクチンの接種開始など、明るい兆しも少しずつですがみられるようになってきました。
一日でも早くこの問題に勝利出来ることを心から願わずにはいられません。

このウイルスに罹患して不幸にも亡くなられた方、またこの問題関連にて経済的、精神的負担を強いられている方々、心よりお見舞い申し上げます。
引き続きウイルスに罹患しないよう、健康には十分ご留意ください。


いまこのようなことを書いている自分も、このコロナ問題の余波を受けて、給料の一割がカットされました。
それでも、自分以上に収入が激減したひとがたくさんいらっしゃいます。
そして、ウイルス陽性になり大変な思いをされている方が多数いらっしゃいます。

そのことを思えば、まだ自分は幸運なのかもしれません。
そうはいっても、減収になるのは動かしがたい事実なので、生活が苦しくなるのは否めない事実です。
正直言ってすこぶるやばい状況なんですが・・・
ヤバいというだけで、なんにもしないのが本当の意味でヤバいんですよ。

これからどうしたらいいか解らないのはみんな同じ。
分からないからと言って、そこで思考を停止するのが罪なんです。
分からないのであれば、わかるように努力するしかないんです。
分かろうと努力しなければ、わかるはずがないんから・・・わかろうと努力するべきなんです。

こんなこと書いている自分も、今現在明確な答えを持ち合わせている訳ではありません。
収入が減少してしまい、また出費も増える事態になりオロオロしているのが正直なところです。
そうはいっても現状なんとかしないといけません。
現状を打開する方策をひねり出さないといけないんです。

イレギュラーな出来事が勃発したとき、慌てふためくのって仕方のないことなんです。
何らかのトラブルに遭遇した瞬間から、上手に立ち回れるなんてありえない話なんです。
そんなの当然なこと。
未知の、想定外の出来事に遭遇しているから、アタフタしてるんです。

想定外のことが起こったら、瞬間的にアタフタするのはある意味仕方がないんです。
仕方ないけど、そのアタフタ感が長時間続くのがマズいんです。
想定外の事態に陥ったら、いったん深呼吸をして現状を把握することに留意し、対応策を考えるべきなんです。
ただ、アタフタしてしまって時間だけが過ぎ去っていくのが非常に危険なんです。

考えても答えなんかでないって思うでしょ。
その考えが非常に危険なんです。
考えても答えなんか見つからないって思ってるひとって、考えることを拒否してるんです。
考えることを拒否してる人が、打開策を思いつくなんて100%あり得ませんから。

打開策を考えづづけることが、最低限必要なんです。
ちょっと考えただけで、答えが出るなんて…神様じゃあるまいし。。。
そんな都合のいいことあるはずがありません。

七転八倒しながらでも、知恵熱にうなされようと、それでも全治全霊を傾けて考えないといけないんです。
そうでもしなけりゃ、答えなんか絶対に見つかるはずないんです。
なんにもしないで、万事上手くいくなんて幻想は抱かない方がいいんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました