副業するなら、第一に考えるべきこと

副業

こんにちは。

10年ひと昔とはよく言ったもので、ここ数年、COVID-19問題に起因する世界的な不景気を筆頭に、一寸先は闇の時代に突入した感がありますね。
つい最近まで潤っていたはずの会社が、簡単に傾いてしまい廃業に追い込まれるなんてざらに聞く話になってしまいました。

かくいう自分の会社も、給料のカットが断行されました。
めっちゃヤバい状況です。
ざっくり言って立ち行かなくなるのではないかという、漠然とした焦燥感というか、恐怖感があります。

まぁ、ヤバいと思ってるのは感情論であって、実は冷静に判断したらそこまでヤバい状況じゃないのかもしれませんが…ひとって過剰に怖がるよねって話はいつか書こうと思います。。。
とにかく、収入が減るってことは程度は有りますがピンチなのには変わりはないんです。

どげんかせんといかんです。
以前にも書きましたが、ただオロオロしてたって物事進みませんからね。
だから、考える力が必要になってくるわけ。
考えない事には、物事始まらないわけなんです。


ところで、給料が下がったからって、一般的に勤務時間はそれに応じて減らないですよね。
ということは、一日のうち拘束時間は減らないのに収入が減ってるんです。
収入が減るのは困るから、何とか増やさないといけないんだけど、1日の時間は決まってるんです。

仕事が終わったあと、バイトでもしますか?
確かに、空いた時間にバイトをするって話はアリだとは思います。
短期的に考えた場合、比較的簡単に(ここでいう簡単は、あまり考えることなく)ある一定の収入を確保することが出来ます。

空いた時間にバイトをして収入を確保するって話は、短期的に稼ぐのには有効な手段なんですが…これを長期間行うのには自分はあまり賛成できません。
ちょっと考えたらわかる話なんです。
ダブルワークを行っていたら確実に疲弊していくからに決まってますから。

何故そんな話になるかって。。
我々のほとんどのひとが、定職というものについています。
仕事というものの大半は、時間と賃金の交換です。
時間とお金を交換するという概念の元、成立しています。

ということは、もうわかりますよね。
時間はみんな平等に1日24時間と定められています。
地球上に存在する限り、何人たりともその呪縛から逃れることはできません。
ただでさえ、日中時間を消費しているのに、仕事が終わってからも時間を消費する行動に走ったら…時間が絶対的に足らなくなってしまいます。

ということは、長期的に見たときには、ダブルワークは悪手になってしまうんです。
それでも、ダブルワークがいいというのであれば、自分が時間を消費することに対して苦にならないものを選択するべきです。
すなわち、自分が楽しく続けられるものです。

ダブルワークって言ったら、聞こえが悪いのかな?
副業って言ったらピンとくるかもしれませんね。
副業をしようと決心したのであれば、まずは自分がそれに対して楽しめるかということを最優先して考えるべきだと思います。

万が一、メインの仕事も楽しく出来ていないのであれば、なおさら面白くないものに手を出すのは愚策でしかありません。
面白くないことをやったって、絶対に長続きするはずがありませんからね。
とにかく副業を行うのであれば、利益を追求するのは当然なのですが、、、
まずは、自分が行っていて楽しいことを第一に考えて選択した方がいいんじゃないかと思います。

楽しいこと、興味がある事じゃないと長続きしませんからね。
そして、出来たら時間との取引でないものをチョイスするべきだと思います。
とにかく、心身ともに疲弊しないものを選んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました