知識、経験が金になる(その①)

副業

こんにちは。

前回は、お金を稼ぐためにお金に頑張ってもらいましょうって話しをしました。
今回は、その続きです。
まずは、ちょっとおさらいです。

お金を使ってお金を稼ぐ事は、ほとんどの人が行ってることです。
その最たる例が銀行、郵貯などに預ける「預金」です。
ただ銀行などにお金を預けるだけで、利息がもらえてしまいます。
なんにも考えることなく、お金が転がり込んできます。

これって実はものすごいパラダイスな展開なんですけど…
あんまり恩恵を感じませんよね。
何故かって言うと、、、
たいして儲からないからです!

どうして預金で、たいして儲からないと思います?
答えは利率が低いからなんですが…
本当の答えって、そこじゃないんですよ。
何故、たいして儲からないと言ったら…

答えは、預金はリスクが低いからなんです。
当然の話です。
損するリスクが低いんだから、その分儲けも少なくなるんです。
預金はローリスク&ローリターンのモデルなんです。

他方、お金がお金を産むことで、一番のハイリターンはなんだと思いますか?
圧倒的なハイリターンは…
言わずもがな「宝くじ」です。
これって、ものすごくハイリスク&ハイリターンなんです。

宝くじって、ハイリスクに感じない方も多数いらっしゃるかと思いますが…
かく言う私も、実はあんまり入りリスクとは思ってないんですけど、考えたらハイリスクなんですよね。
何故かって言うと、殆ど当たんないから。

連番で10枚買ったら、必ず1枚は当たりますけど、、、
それを除いたら、まぁ当たんないんです。
ただ、一等が当たったら・・・
そりゃ~エゲツないです。

そういった意味では、やっぱり宝くじってハイリスク&ハイリターンなんです。
金が金を産むということで言ったら、預金と宝くじの間に存在するものが、パチンコ、競馬、競艇などのギャンブルですね。
自分も、競馬をこよなく愛していまして、かれこれ30年来のお付き合いです。

競馬の成績はどうかって?
まぁ、敗けたり、外したり、当たらなかったり…たまにあたったりって感じですね。
ただ、ここ10年のスパンで言ったら(それ以前は?)利益率100%超えています。
ただ、去年は利益率80%、今年も今現在同じくらいの利益率です。

自分の馬券購入術は、簡単に言ったら競走馬の走破タイムの*偏差を取り、指数上位から買っていくという手法です。
この手法の利点は、自己の感情を排除し一定の論理に基づいて購入するということです。
自分の中では、雰囲気で馬券を購入することがないので、ある程度の再現性を担保できると思っています。

*偏差とは、個々の数値と平均値との差のことです。個々のデータが平均値から偏っている程度を表しています。

この手法は、競馬を始めて2,3年くらいした時でしょうか・・・
当初は、自分の好き嫌いとかあいまいな感じで馬券を買っていたんです。
当時、自分がこよなく愛した「競馬ブック」の予想を見て、◎がたくさん打ってるからかおうとか。。
そんな感じでした。

でもね、途中で気付いたんです。
それだと、再現性がないってことに。。。
再現性がないってことは、それって当たったとしてもただのラッキーパンチであって、次も当たるとは言えないんじゃないかってね。

だから、せっかく身銭を切って馬券を購入するんだから、、、
自分なりのロジックを構築して、再現性を高めるべきじゃないかって考えたんです。
そのようなことを考えて、いろんな競馬の書籍を読み漁りました。
そして、当時外国の方が書いたタイム指数という概念を書した書籍に出会いました。

当時、これまた自分が愛読していた「週刊競馬ブック」に記載されてるデータを、ジャポニカ学習帳にグラフを書いて、電卓片手に一生懸命記録を付けてました。
ジャポニカ学習帳を使ってたのは、欲にまみれたらいかんという自戒の念を込めて、勉強してるんだぞって自分に思い込ませるために使ってましたww

最初、頑張って電卓ポチポチしてたんですけど…
途中で、めんどくさくなって、、、PC-9801だったかな。
それかって、表作って入力ぽん!
作業効率化!してました。

それも、最後はめんどくさくなってデータを売ってるサイトを見つけて、それを買ってたんですけど…
まぁまぁ、競馬の話をずっと書きなぐっていて、タイトルと全く関係がないように思われますが・・・
これが、関係大ありなんです!
お金を稼ぐためにとってのヒントがあるんです。


だれでも、解ってることなんだけど、簡単すぎて見えていないんです。
再認識しないといけないんです。
今回自分が書きなぐった馬券の買い方の話なんか、ホントはどうでもいい話です。
なぜ、どうでもいいことを自分が書いたか分かってさえいればいい話です。

ここで、自分がその答えを書いたら、、、
貴方は確実に、なんだ、、、そんなこと誰でも知ってる話じゃんって思うことでしょう。
そうなんです。
その程度の話なんです。

次回は、その答えを書こうと思います。
みなさん、すでに答え解ってると思いますけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました