鉄は熱いうちに打て

未分類

こんにちは。
これから前回の続きを書きます。

 

どうしたら、物事が上手くいくかって話です。
これってめちゃくちゃ簡単な話で、ここで自分が書いた答えを見たひとのほぼ全員がなんじゃそりゃ!
って思うと思います。
それは自分自身が保証します。

 

ということで、さっさと答えを書きます。
その答えは「いますぐ行動に移す」です。
ね、なんじゃそれって思うでしょ。
でもね、これって非常に重要な話なんです。

 

ただ、行動に移すんじゃなくて、「いますぐ」ってところが大事なんです。
もうちょっと詳しく言ったら、ロジカルに今すぐ行動に移すってはなしなんですけど。。。
とにかく行動に移さなきゃ…まったく先に進まないのは事実です。
本当は、ここが最大のポイントなんです。

 

行動しなければ、物事は1ミリたりとも動きません。
もっと言ったら一ミクロンさえも動かないんです。
ただ、悲しいかな時間は有限で非可逆的です。
決して増えることは有りません。

 

時間は減っていくばかりなんです。
ですので、行動できる時間も減る一方なんです。
ですから、相対的に考えると行動に移さないということは後退を意味するんです。
解りますか?

 

行動しないというのは、後退を意味します。
行動しないって、機会損失を発生させているんです。
みなさん気付いていないのかもしれませんが、行動しないって物凄く損をしてるんですよ。
実にもったいないことをしてるんです。

 

と、ここまで書いたことで、少なからず行動に移すことが成功への第一歩だということが、おぼろげながらご理解いただけたのではないかと思います。
先人の諺に「思い立ったが吉日」ってのがありますよね。
まさに言い得て妙だと思います。

 

本来人間って、自分自身も含めてぐうたらな生き物なんです。
自分なんか特にぐうたらな人種でした。
学生時代の私のことを知ってる人は、ほぼ100%がぐうたらなひとだと思ってるはずです。
(個人的にはぐうたらが全て悪だとは思っていませんが・・・)

 

ただ一つ言えることは、せっかく思い立ったのであれば直ちに行動に移した方がいいってこと。
思い立った瞬間が一番テンションが上がってるんです。
その一瞬を逃してしまったら…その始めようとの情熱は下がっていく一方なんです。
そのうち、冷え切ってしまうんです。

 

「鉄は熱いうちに打て」ってことわざもあるし、スープだっておでんだってアツアツだからおいしいんです。
冷め切ったものなんか、おいしさ半減でしょ。
そう言ったもんなんです。
おいしいうちに食べないと、冷めていたんじゃ食べる気なんかなりません。

 

せっかく行動に移そうと思ったのなら、アツアツのうちの方が上手くいきますよ。
絶対に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました